多重債務者のための借金返済方法

東京の債務整理安い・格安ナビ

MENU

ある日多重債務者になってしまったら?借金返済方法まとめ

どうも!こんにちわ!管理人のアルカリイオンウォーターです!

 

今日は12月8日ということで、民間企業や地方公務員&国家公務員はそろそろ冬のボーナスシーズン到来ですね?

 

少し民間企業と公務員についてボーナス・賞与(公務員は期末・勤勉手当)の差を比較してみました。

 

2013年の国家公務員の冬のボーナスの平均は約57万円、地方公務員の場合は自治体によっては差はありますが、約70万円前後になります。一方民間企業はどうでしょうか?

 

2014年の民間企業の夏のボーナスの平均は36万円・・・調査団体によって若干違いはありますが、公務員と民間企業ではこんなに差があるのです。

 

実際に公務員に比べて民間企業のサラリーマン・OLは借金問題を抱えている割合が多いようです。公務員の場合ですと一般的に融資の審査が通りやすいので、低金利でお金を借りやすいようですが、規模の小さい中小企業だとなかなか審査が通らないことが多く、結果的に金利の高い消費者金融やクレジットカード会社から借り入れるすることになるのです。やはり上記のようなボーナスの平均額を見ても公務員はまだまだ民間企業と比較する優遇されている傾向があるようです。続いては実際にある日多重債務者になって借金返済方法に困ったらどうすればいいのか?対策・解決策を考えて行きたいと思います。

 

実は借金を整理する手続きが何種類かあります。

 

多重債務者で借金返済が困難になってしまった人のために債務整理という手続きが存在します。

 

債務整理は複数の種類があり、今話題の過払い金返還請求や任意整理、個人再生、自己破産等の借金整理方法があります。例えば過払い金返還請求をすれば払いすぎた利息の超過分を返してもらうことができるので、その分を借金返済に充てるなど対策することができます。また、過払い金請求は10年以内という時効が存在しますが、完済後でも対象になりますので、昔多重債務していた方や高い金利を払っていたなど心当たりのある方は一度債務整理に強い司法書士や弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

また、任意整理をすれば借金減額など返済しやすくなるなどメリットがあります。どうしても自分の力では借金返済をすることが出来ないなど一定の条件で認められれば借金返済義務が無くなる自己破産等の選択肢もあります。

 

もちろん、減額や免除されますので、リスクやデメリットもあります。ただ、借金地獄で苦しむことに比べるとメリットの方が多いと感じる方も多いの現状です。多重債務に困ったらまずは自分がどの借金整理方法に当てはまるのか相談してみることをおすすめします。